トップバナー
ホームチーム紹介選手&スタッフニュース試合予定・結果スケジュールギャラリーOB/OG会リンク


│ 2018公式リーグ戦日程 │2018公式リーグ戦結果2018ブロック編成2018春季オープン戦結果 │  │ 戦歴

2018年公式リーグ戦試合日程
全日程を終了しました

2018年公式リーグ戦結果
第五節
2018年11月24日(土)13:45 @東経大武蔵村山
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
茨城大学 0
0
0 0
0
東京経済大学 7 14
14
14
49

1Q序盤、東経、茨城とも相手の様子を伺う展開。しかし、残り4分半で、#11杉山が際どいミドルパスを好捕し15ydを獲得、流れを作る。その後、#24宇田川のランなどでファーストダウンを重ね、#13宮崎へのパスで先制点をあげた。ディフェンスでは#8片桐や#75新津らの好タックルが茨城の攻撃を断ち切り、1Qを無得点に抑えた。
2Q序盤、ピッチを受けたランニングバックからのパス、茨城のスペシャルプレーに不意をつかれタッチダウンを取られたと思われたが、相手の反則により失点にはならなかった。オフェンスチームは#24宇田川のランなどで茨城陣に攻め入るもなかなか得点には結びつかない。ディフェンスでは#5雨宮や#97狩野の好タックルが相手のファーストダウン獲得を阻止。茨城に攻撃権を継続させない。#24宇田川が残り2分で約40ydのタッチダウンラン、さらに#13宮崎がショートパスからのロングランでタッチダウンを奪い、21-0で前半終了。
3Q開始直後のキックオフでは、#11杉山が何人ものディフェンダーを振り切り77ydのリターンタッチダウン、28-0とする。その後、敵陣ゴール前で#15高梨のタッチダウンパスキャッチで得点を重ね、35-0に。3Q中盤では、#10佐藤のQBサックや#32曽我の好タックルなどで、ディフェンス陣は茨城の攻撃を落ち着いて断ち切る。東経の流れのまま4Qへ。
4Qでも、固いディフェンスは崩れず。オフェンスではパスキャッチした#16岡本がサイドラインを駆けあがりタッチダウン。更にディフェンスでも#34細谷のインターセプトリターンタッチダウンでダメを押す加点。
49-0と無失点で勝利を収めた。

第四節
2018年11月10日(土)13:45 @東経大武蔵村山
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
亜細亜大学 0
6
0 0
6
東京経済大学 14 33
20
8
75

1Q開始3分半、#16岡本の12yタッチダウンパスキャッチで先制点を挙げる。その後も#24宇田川のランなどで、繰り返しファーストダウンを獲得し、#84中村(幹)へのパス成功で得点を追加。ディフェンスでは#8片桐の好タックル、#10佐藤のブリッツなどが功を奏し、1Qを無得点に抑えた。
2Q序盤、#87中村(壮)、#84中村(幹)のタッチダウンで更に得点を重ねる。
#25桶野のファンブルリカバーで攻撃権を奪い、チームにさらに勢いをつける。#14荻野へのロングパスでタッチダウン、#47鈴木(健)のインターセプトリターンタッチダウンなど、オフェンス・ディフェンス共に好調に試合を進めるも、2Q残り5分にロングパスでタッチダウンを奪われ、6点を返された。しかし、その後は調子を取り戻し、47-6と大幅にリードしたまま前半終了。
3Qには、#21林(裕)がオープンを切りあがりタッチダウン獲得に成功。3Q残り3分で、インターセプトされピンチを迎えるが、#10佐藤のパスカットなど東経のディフェンスは落ち着いてこのピンチを乗り切る。
3Q終了間際、#13宮崎のロングゲインからのタッチダウンでさらに得点を追加し、67-6とさらにリードを広げ4Qへ。 4Qでは、#27藤田がQBサックでセーフティを奪うなどディフェンスの好プレイが炸裂した。
更に#11杉山のリターンタッチダウンで追加点を獲得。75-6と大差をつけ勝利を収めた。

第三節
2018年10月28日(日)10:45 @アミノバイタルフィールド
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
新潟大学 0
7
0 0
7
東京経済大学 7 12
14
14
47

1Q中盤、新潟大LBにインターセプトをされるも、すぐに#32曽我のインターセプトでボールを奪い返す。#24宇田川のランや#16岡本のロングゲインで繰り返しファーストダウンを獲得する。最後は#11杉山のタッチダウンレシーブで、90ヤードのドライブを先制点に結びつけ、7-0。
2Qには、#13宮崎、#24宇田川のタッチダウンでで追加点をあげる。一方、最終盤では#12香川がロングパスをカットし、前半を無得点で守り抜いたと思われた。しかし、前半終了まで残り1秒で、新潟のロングパスに隙をつかれタッチダウンを許す。19-7と差を詰められて前半終了。
3Q、最初のシリーズで#13宮崎がタッチダウンレシーブ。26-7とする。ディフェンスも#64松下、#75新津のQBサックなどで勢いづき、4thダウンギャンブルも2度不成功に終わらせた。さらに#16岡本がタッチダウンをあげ33-7。
4Qには、攻守とも1年生が活躍。2年生の#2前田をはじめ、#21林、#31西尾が好ランでゲインを稼ぎ、時計を消費。#15高梨の1Yタッチダウンラン、#87中村の2Yタッチダウンレシーブで47-7。固いディフェンスは、後半得点を許さず、47-7で試合終了。

第二節
2018年10月13日(土)13:45 @東経大武蔵村山
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
埼玉大学 7
7
0 7
21
東京経済大学 0 0
0
0
0

1Q序盤、スィーププレーからの独走タッチダウンを取られ、0-7。東経オフェンスも#24宇田川の好ランなどで攻めるも散発に終わる。
2Q、ファンブルからボールを奪われるなど苦しい展開。#34細谷のインターセプトも突破口にならず。さらに、アウトパスをインターセプトされ、レッドゾーン近くまでリターンされる。これを埼玉大に押し込まれ0-14で前半終了。
3Q早々には、東経オフェンスの奇襲。リバースプレーで#11杉山が70y以上を独走しタッチダウン、かと思われたが、味方の反則により無効となる。
3Q終盤から4Qにかけて、埼玉大に約50yのドライブからタッチダウンを奪われ0-21となる。
東経は#81伊東や#13宮崎へショート、ミドルパスを通すものの、得点には至らない。埼大ディフェンスを崩すことができず0-21のまま試合終了。

第一節
2018年9月30日(日)12:20 @アミノバイタルフィールド
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
学習院大学 3
0
0 0
3
東京経済大学 0 3
0
0
3

1Q序盤、東経陣に攻め入られるもディフェンスが踏ん張り、フィールドゴールの3点に抑える。オフェンスでは#22前田の好ランも見られたが、ファーストダウンが続かない。流れをうまく掴めないまま2Qへ。
学習院に繰り返しファーストダウンを奪われ、ピンチを迎えるが、#10佐藤のブリッツなどが功を奏して失点無しで乗り切った。その後のシリーズでは、#11杉山のパスキャッチや、#24宇田川のロングゲインにより、繰り返しファーストダウンの獲得に成功。東経の流れに。TDには至らなかったものの、#24宇田川のフィールドゴールに繋げ、3-3の同点に追いつく。
3Q、学習院の着実なオフェンスで何度もファーストダウン獲得を許すが、#25桶野のパスカットなど、東経の粘り強いディフェンスが守り切り、同点のまま4Qへ。
4Qでは、#12香川のインターセプトや#11杉山のロングゲインなど好プレイが見られたが、得点獲得には結びつかなかった。
試合終了まで2秒を残し、学習院はゴール前5yからフィールドゴールで決勝点を狙う。東経はタイムアウトを取り、揺さぶりをかけた。このキックは失敗に終わり、3-3の同点のまま試合終了となった。

2018年度ブロック編成
3部リーグ Bブロック 2017年所属リーグ 戦績
埼玉大学 2部Bブロック 1勝6敗 7位
学習院大学 3部Bブロック 4勝1敗 2位
茨城大学 3部Cブロック 2勝1敗2分 3位
亜細亜大学 3部Dブロック 2勝3敗 4位
東京経済大学 3部Dブロック 0勝4敗1分 5位
新潟大学 エリアAブロック 3勝0敗 1位

2018年春季オープン戦結果

パワーボウル
2018年06月24日(日)14:00 @拓殖大学八王子国際キャンパス
 
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
拓殖大学 3
13
14 0
30
東京経済大学 7 0
0
0
7

■パワーボウル
癌で急逝した拓殖大学OBの名選手、故野口力さんの追悼記念癌撲滅チャリティーゲームとして2010年より開催。
拓殖大学ラトルスネイクスさんは、アメリカンフットボールを通して、現在、病と闘っている子供達が自分の家のような環境で安心して治療ができる、我国初の小児がん専門の治療施設の設立をめざし活動している「NPO法人チャイルドケモハウス」様を支援されています。


部員募集 新歓用twitter Facebook 関東学生アメリカンフットボール連盟日本アメリカンフットボール協会東京経済大学

ページ 先頭へ ページ先頭へ
お問い合わせメールお問い合わせ : tkufalcons@hotmail.co.jp
Copyright (C) 2012 TKU FALCONS All Rights Reserved