アメフトの強い大学(強豪校)

アメフトの強い大学(強豪校)

アメフトは、アメリカン・フットボールの略称です。アメフトは、フットボールの一種で、とても激しいスポーツとして認識されています。怪我のリスクを下げるためにヘルメットやショルダーパッドなどの防具を身に着け試合を行います。今回は、大学からアメフトにチャレンジしたい方もアメフト経験者も関西学生リーグ・関東学生リーグのランキングを参考にアメフトの強い大学を紹介します。

関東学生リーグの結果

順位大学名
優勝早稲田大学
準優勝明治大学
3位法政大学

1位 早稲田大学

優勝したのは、早稲田大学でした。早稲田大学は、ここ数年の関東学生リーグで4度も優勝する関東の強豪校です。早稲田の特徴は、選手育成のシステムです。アメフトに適した身体を作り上げる専門スタッフを集めて、選手をバックアップしています。アメフトの強豪校である早稲田が、甲子園ボウルで初勝利できるか多くの期待が集まっています。

2位 明治大学

準優勝したのは、明治大学でした。明大アメフト部の歴史は古く、1934年の戦前から存在していました。チーム名グリフィンズの名前は、鷹と獅子が合わさった伝説上の生き物のことで、名前の通りスピードとパワフルを武器にしています。それだけでなく、サポートスタッフも充実していて、質の高い練習に取り組めています。アメフトの名門校である明治大学が今後、優勝できるか注目しています。

3位 法政大学

3位を獲得したのは、法政大学でした。5年連続3位という成績を残しています。青い人工芝のグラウンドとオレンジのユニフォームが特徴で、過去には関東学生リーグで73連覇した実績があります。法政大学のプレースタイルは、果敢に攻めるスタイルで創立から変わらず攻撃に重きを置いています。今後、強豪の法政大学が優勝争いに加わってくるのか楽しみです。

関西学生リーグの結果

順位大学名
優勝関西学院大学
準優勝立命館大学
3位関西大学

1位 関西学院大学

優勝したのは、関西学院大学でした。過去5年の中、関西学生リーグで3度の優勝、そして甲子園ボウルで3度の優勝を果たしている強豪の中の強豪です。関西学院大学は、設備にも恵まれていて、人工芝のグラウンドやトレーニングセンターがあります。しかも、人工芝は2015年にリニューアルされました。最強の関西学院大学が連覇を続けるのか、これからの素晴らしいプレーに期待しています。

2位 立命館大学

準優勝を果たしたのは、立命館大学です。立命館大学は過去5年の中、関西学生リーグで2度の優勝、甲子園ボウルで1度の優勝を果たしています。京都では、一二を争う関西の強豪校として知られています。今後も、強豪の一角として、多くの人を楽しませてほしいです。

3位 関西大学

3位になったのは関西大学です。関西大学の黄金期は、1940年代に遡ります。1947年には完全優勝を果たし、日本一のアメフトチームとなりました。その後、40年の低迷を乗り越え、2009年にトップに返り咲きました。関西大学は4割の学生が推薦や経験者ではない学生がアメフトをやっています。そのため、やる気があれば活躍できるチャンスがあります。今後もかつての黄金期を取り戻せるのか期待が集まっています。

まとめ

今回のアメフトの強い大学ランキングから、関東は早稲田大学、関西では関西学院大学が強豪であることがわかりました。とくに関西学院大学は、甲子園ボウルも制し名実ともに最強を証明しました。

アメフトに関心がある方は、是非参考にしてみてください。